スポーツのやりすぎによる関節痛に効くサプリメント

登山で膝が痛くなった時に効くサプリ

登山は本当にブームになっていますよね。2010年までに登山人口は1000万人を越えました!それほどまでに登山は日本人の中でメジャーなスポーツになっているのですね。

 

ただそれに伴い、登山をする際に膝を痛める方が多くなって来ているのも事実です。特に下山時に膝を痛める方が多くなっています。この登山に関する膝の痛みは何とかしたいですよね。

 

 

登山の下山時に膝を痛めてしまう原因

 

登山をする際に、下山時に膝を痛める方が多いので、今回は下山時に膝を痛めてしまう原因を述べていきたいと思います。

 

下山時に膝を痛めてしまうのは平地と同じ感覚で歩いてしまうからです。下山するという事は平地で歩く時より多くの負担が膝にかかってしまいます。また下に向かって歩くので、歩くペースが早くなり、歩幅も大きくなるために膝は当然悲鳴を上げて壊れてしまうという結果になってしまいます。

 

これを防ぐためにも下山する際はゆっくり慎重に、歩幅は短く歩く事を心がけましょう。

 

登山で膝を痛めてしまった時の治療法

 

十分な対策を事前に行い、下山時も慎重に下山を行ったのに膝を痛めてしまう場合があります。そうなってしまった時には慌てず対策を取りましょう。
まずは十分な休憩を取りましょう。膝が痛くなったという事は身体がかなり疲れている証拠です。身体も膝も休ませてあげましょう。

 

次に膝を十分に冷やしましょう。膝が痛む時には膝では炎症が起こっています。酷い場合には内出血を起こしています。そんな時の膝は熱を持っているので、炎症や内出血を抑えるために膝が痛くなったら、膝を冷やしましょう。

 

 

それでも膝が痛い場合にはサプリを使用

 

色々な対策をしたにも関わらず登山による膝の痛みが続く場合にはサプリを使ってみましょう。
膝の痛みに効くサプリと言ったら何と言ってもグルコサミンが入ったサプリがオススメです。このグルコサミンは傷ついた軟骨を治してくれる作用がるので、とてもオススメです。

 

他にもコンドロイチンやコラーゲンが入っているサプリを飲むと、コンドロイチンによる軟骨修復の働きを助けてくれるので、とても効果的です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?登山は楽しいですけど、膝の痛みは早く治したいですし、なるべく膝の痛みを感じずに登山を楽しみたいですよね。

 

そのためにも登山をする前には十分なストレッチなどの事前の対策を行いながら、適切にサプリを飲む事によって、膝の痛みを予防していきましょう。

 

追記

 

誤解を生まないように1つだけ。膝に痛みを感じたなら、すぐに病院に行くことをオススメします。サプリはあくまでも予防や膝の痛みの初期症状に効く可能性はありますが、効果を実感するまでにかなりの時間を要します。

 

痛みが酷い場合は病院で治療を受ける。どうしても病院に行きたくない人はまずは、関節痛に効く医薬品を摂取してみるのもいいでしょう。

 

関節痛に効く医薬品はドラッグストアで、気軽に購入することができます。また、最近膝の痛みに効くとして評判の「リョウシンJV錠」があります。

 

評判の良い医薬品が気になる方は、リョウシンJV錠の口コミについて書かれているサイトを見てみるといいでしょう。